保冷米びつ「クールエース」と「冷えっ庫」 - アイデアキッチングッズWATCH

保冷米びつ「クールエース」と「冷えっ庫」

ふだん家に保存しているお米はプラスチック製の米びつを使用しています。

キッチン脇においてあるのですが、
夏になると湿気や熱で品質が心配な時があります。

以前は冷蔵庫の近くにおいてあったのですが、まわりはけっこう熱を持っているんですね。

しばらくして気が付き、慌てて冷蔵庫から離れたところに置き直しました。

米びつは場所によって中のお米に虫が出たり、味が落ちたりすることがあります。

美味しいお米は炊飯器やお米の種類に目を向けるだけでなく保存にも気を使いたいです。


お米の保存は冷蔵庫の野菜室が一番!

という話を聞いたことが有りますが、お米専用の保冷器があるんですね!


今流行りの、保冷米びつ 人気2機種



エムケー 保冷米びつ(米容量31kg) CoolAce(クールエース) HK-31W

庫内の温度を15℃と一定に保ち、
高温多湿のシーズンでも気にすることなく新鮮なお米の味を保ちます。

軽量もそのまま行えるのが良いですね。

冬場は特に電源を切っていても問題はないようです。

上記の保冷米びつは31kgタイプの他に21kgタイプのものも有ります。





保冷米びつ 桐っと 30kg用 MA-037KC


こちらのタイプは中が桐箱になっていて、より防虫効果や防湿効果を高めているのが特徴です。

どちらもサイズは同じですが、米容量21kgタイプのエムケー 保冷米びつはひと回り小さくなっていますのでマンションのキッチンなどにはそちらがおすすめです。


調理熱や湿気のこもるキッチンにお米を長く置いておくと、
お米の酸化を早め食味が短期間で落ちてしまうそうです。

たしかに、お米も生物ですから保存には気を使いたいですね。


人気の保冷米びつ一覧はこちら